【30%OFF】-KAVU Sundowner 黒 カブー quckb684712-トップス

若い日本人がビセンテ・モレノ率いるチームの攻撃面でますます重要な存在になっていることは間違いない

【30%OFF】-KAVU Sundowner 黒 カブー quckb684712-トップス

岡山・香川最大の
振袖・着物専門店・林屋

振袖販売、振袖レンタル、ママ振りプロデュース
着物・着付け・和装小物のことなら、何でもご相談ください。
伝統の古典柄着物から最新のトレンド柄着物まで、
幅広い商品バリエーションと、6%OFFクーポン 中国 お土産 ギフト 中国 人気バラエティ ID:80654659
知識・経験豊富なスタッフが、6%OFFクーポン 中国 お土産 ギフト 越王台 紹興花彫酒 十二年 6本 酒 ID:80654691
晴れの日を彩るお手伝いをいたします。

振袖ご成約特典

5 成人式当日の
選べる会場着付け

KAVU カブー ウィメンズ サンダウナーコートは撥水加工されたコットンを使ったロングコートです。前面はジッパーとスナップボタン仕立てとなっており、フラップ部分には暖かみのあるコーデュロイを使用しアクセントが加わっています。バックボトム部分にはスリットも入っているので動きもスムーズです。真鍮の大きめジッパーがクラシック感を演出しています。サイドポケット左右内部にはフリースが使われており大変暖かいです。暖かい日のコートにおすすめです。女性用。

■サイズ:
XS/肩幅38、身幅48、着丈84、袖丈62cm
S/肩幅39、身幅50、着丈84、袖丈62cm
※平置き採寸にて計測致しました。しわ、よれなどから若干の誤差は御容赦下さい。
■素材:8オンスライトワックスコットンツイル
■生地組成:コットン100%



KAVU[カブー]
Sundowner Black

商品説明

KAVU カブー ウィメンズ サンダウナーコートは撥水加工されたコットンを使ったロングコートです。前面はジッパーとスナップボタン仕立てとなっており、フラップ部分には暖かみのあるコーデュロイを使用しアクセントが加わっています。バックボトム部分にはスリットも入っているので動きもスムーズです。真鍮の大きめジッパーがクラシック感を演出しています。サイドポケット左右内部にはフリースが使われており大変暖かいです。暖かい日のコートにおすすめです。女性用。

スペック

サイズ
XS/肩幅38、身幅48、着丈84、袖丈62cm
S/肩幅39、身幅50、着丈84、袖丈62cm
※平置き採寸にて計測致しました。しわ、よれなどから若干の誤差は御容赦下さい。
素材
8オンスライトワックスコットンツイル
生地組成
コットン100%

BRAND

KAVU / カブー

KAVU社の創設者であり社長でもあるBarryBarr氏は、1993年、KAVU社をシアトルにて設立。彼は過酷な気象条件の中での作業中にひとつのアイデアを思い付いた。それはアラスカの過酷な環境にも耐えられ、頑丈で水に浮き、強い日差しから目を守り、船上での作業中でも強風に飛ばされにくいサンバイザーを作ること。このサンバイザーのアイデアは、『ストラップキャップ』として後のKAVU社の看板商品となる。野球帽をベースにウェビングテープを縫い付け、後部でベルクロ留めをしたプロトタイプを作り、のちにウェビングそのものでサイズ調節できるように改良。次第にその完成度を高めていった。 ウェビングでサイズ調節するという、今までにない全く新しいコンセプトのユニークなストラップキャップは、初年度はスキー市場、翌年にはアウトドア市場、特にカヌー、カヤック市場へと急速に浸透していき、サンバイザーの発展形としてKAVU社のフラッグシップ商品となる。現在KAVUの製品は、アメリカの全州、日本、ニュージーランド、カナダをはじめ世界20カ国以上で愛用され、オーストラリアの山岳レスキューチームなどにも採用されている。 現代の多忙かつ人生を楽しく生きて行きたい世代へ向けて、KAVUは常にアウトドア・ライフスタイルの提案をしているのだ。

商品一覧を見る >>

カブー KAVU Sundowner 黒

お知らせ・イベント情報

振袖・きものブログ

Facebok

Instagram

林屋 児島店

林屋 児島店
岡山県倉敷市児島下の町10丁目392-5
営業時間 9:30〜19:00
定休日  毎週火曜日
ORIGAMI TARP オリガミタープ 3m×3m ブルーステッチ

林屋 飯山店

今のトッテナムにはモウリーニョ好みの選手も揃っている
林屋 飯山店
香川県丸亀市飯山町下法軍寺691-6
営業時間 9:30〜19:00
定休日  毎週火曜日
林屋 飯山店 詳細情報はこちら

採用情報

最終ラインの顔ぶれは満足のいくものではないのだろう